2010年07月24日

爪水虫を知ろう

水虫と爪水虫


水虫の国内患者数は約2.500万人といわれます。


日本人の5人に1人は水虫持ちということになります。



水虫は白癬菌というカビによる感染症で、
白癬菌が爪の中に入り込むと、爪水虫となります。


爪水虫は、水虫の中でも治りにくく根気のいる
治療が必要になります。

水虫は、高温多湿を好みます。


足は普段、外出時には靴下と靴により高温多湿になりがちです。
特に夏は水虫の好む環境が整ってしまっているんですね。

そのため水虫や爪水虫に感染する方が多いんです。


しかし、靴の中が高温多湿だからすぐに水虫に
なるわけではありません。


通常は、白癬菌が皮膚に付着して24時間ほどが経過すると
感染するといわれます。


足は手ほど細目に洗いませんが、毎日入浴していれば
白癬菌は洗い流され感染はしないという事になります。


ですから清潔好きな方には、あまり水虫に感染している方は
みえないのではないでしょうか?


統計をとったわけではありませんのではっきり
わかりませんが・・・



とにかく清潔にしておいて損をする事はないということです。



水虫・爪水虫は治療しなければ完治しません。
根気がいりますが、治る病気なんです。


自然に治癒するということはありませんので
専門医の診断のもと治療して下さい。


特に爪水虫は、白癬菌が爪の奥深くに入り込んでいるため
塗り薬では治療が難しいといわれます。


爪水虫の治療にもっとも有効とされるのは
飲み薬がよいでしょう。

飲み薬を飲みながら、塗り薬を併用する治療法が
一番効果的であるといえます。


また、水虫と思っていても専門医の診断を受けてみると
水虫ではなかったというケ−スは多くあるようです。


よく間違われやすい病気としては、

●皮膚カンジタ症

●異汗湿疹

などがありますが、水虫ではありませんので
注意が必要です。


水虫がどうかわからないときは自己判断せず
専門医の診察を受けて下さい。


皮膚カンジタ症は、水虫と同じカビが原因ではありますが、
菌の種類が違うため水虫ではありません。


爪水虫と間違われやすい症状としては、高齢者などに多い、

「厚硬爪甲(こうこうそうこう)」といわれる

爪が分厚くなる病状がありますが、爪水虫ではありません。


水虫と勘違いしたまま長期間飲み薬を服用していたために、
肝機能障害を起こした事例などもあるので、

自己判断せずに専門医に

「水虫かどうかを特定」してもらうことが必要になるわけです。






posted by こうじ at 13:55| Comment(0) | 爪水虫-水虫とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。