2012年05月28日

クマの原因と対策

クマ」とは一体どういうものでしょうか?

よく耳にするけど、
あまり詳しくわからない?
そんなところではないでしょうか?

クマが目の下にできていると
寝不足だったり、疲れていると思われがちですよね。

しかし、本当の意味でのクマとは、血液がうっ滞して青く見えるもので
青グマ」なのです。

クマをきちんと理解して予防するために、
少し目の構造をお話しましょう。


眼球のまわりは、クッションの役割をするための
やわらかい脂肪でおおわれています。

それをまぶたが支えているわけですが、
まぶたの皮膚は人体のなかではもっとも薄く、

また、皮脂線が少ないため乾燥しやすく神経も敏感です。


まぶたは絶えず動いているため、血行はよいのですが、
少し物などが当たっただけでも真っ青になってしまいます。


まぶたは色素沈着を起こしやすく、
メラノサイトの活動が盛んなため
こすったりしていると、すぐに黒くなります。


まぶたは、顔の他の皮膚とは構造が違います。

たとえば頬です。
頬は皮膚が厚く、皮下脂肪も多いです。

そのため、下まぶたと頬の間に境界線がついてしまい、
それがクマと呼ばれるのです。

この場合は「黒グマ」となります。

加齢とともに皮膚は薄くなります。

まぶたの皮膚も当然薄くなりますから、
目立つ、目立たないは個人差がありますが、
誰でも多少のクマはできます。

黒グマに関しては、70歳も過ぎれば誰にでも見られます。

クマが目立つ、目立たないは個人差があると申しましたが、
これは、顔の構造によるものです。

欧米人のように彫りの深い骨格の場合は、目と頬の間に段差ができやすいため
クマが目立ちやすいといえるのです。



posted by こうじ at 22:23| 美肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。