2009年06月16日

爪水虫(爪白癬)とは-対策2

爪水虫の多くは家族内感染が主な原因といわれ、バスマットやスリッパなどを
通じて感染してしまいます。
家族の中に爪水虫の方がいる場合、その方だけ治療しても対策になりません。
他に、感染者がいる場合は一人だけ治療しても再感染を繰り返してしまいます。

家族内に何人か感染者がいる場合は、全員で治療することが大切なのです。

爪水虫は、早期発見、早期治療が一番です。

爪水虫(爪白癬)は、爪だけに感染するわけではありません。
股に感染すれば股部白癬(いんきんたむし)、頭なら頭部白癬(しらくも)、
体などにできるのが、体部白癬(ぜにたむし)と感染する部位により病名が違います。

体全体、爪や皮膚などの部位に感染するので、爪水虫の治療は、
体の他の部位に転移しないように予防することがとても重要なのです。

ですから、爪水虫など、水虫の治りにくい方は注意が必要です。
posted by こうじ at 17:32| Comment(0) | 爪水虫 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

爪水虫(爪白癬)とは-対策1

白癬菌とは、水虫の原因菌です。
この白癬菌が足にいれば足白癬で、爪の中にいれば爪水虫といいます。

爪水虫は感染症の一種で、爪の病気の中では多く見られます。

爪水虫は、身近な人にうつしやすい感染症です。
爪水虫にかかった爪は、常にまわりに白癬菌をばらまいているのです。

こうして爪水虫を治りにくくしたり、家族など身近な人にうつしてしまうのです。

爪水虫は放っておかないで早目の治療が必要です。
治療しないかぎり家族への感染は断ち切ることはできません。

すぐに近くの皮膚科を受診してください。
posted by こうじ at 17:44| Comment(0) | 爪水虫 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。