2009年11月23日

手湿疹(主婦湿疹)

手湿疹(てしっしん)とは

水仕事などをよくする女性の手にできる皮膚病。
主婦湿疹手湿疹は同じ皮膚疾患である。

手指、手のひら、手の甲にあかぎれやひび、びらんなどが現れ、
ひどい痒みを生じます。
また、皮膚カンジタと合併していることが多いため
よく注意することが大切です。

主に水仕事により手の皮膚の脂質が減り、バリヤ−機能が低下、
洗剤などの接触性皮膚炎を発症し、湿疹になるのが原因です。

チョ−クなどの粉が長期的に手や指に触れることでも
発症する可能性があります。

一般的に、急に赤くなって小さい水疱ができ、その後亀裂が生じ、
皮膚の角質層が薄い断片となってはがれ落ちたりします。
痒みも生じます。

慢性的になると、角質層が厚くなり、ザラザラとして
乾燥がひどい状態が続きます。

乾燥状態がひどい場合は保湿剤で保湿する。
また、炎症がひどい場合はステロイド軟膏が有効ですので
保湿剤と一緒に併用する。

手湿疹には、一次刺激性もの、
アレルギー性のものなどさまざまな原因があります。

一次刺激性の皮膚炎としては、強い酸やアルカリなどの薬剤、
虫などの接触で起き、刺激を受けると大部分の方が発症します。
アレルギ−性のものは特定の物質が原因となり、発症します。

最近は、ピアス、指輪などのほか、虫歯などの治療で使う
歯科金属の金属アレルギー性皮膚炎も多いそうです。
手とは関係なさそうなものが原因になていたるします。


手湿疹で悩んでいる方には、アトピー性皮膚炎が治癒したのに
手湿疹だけが治らないという方も多くあります。

手のひらには汗を出す汗腺がたっぷりありますが、
皮膚のあぶらを出す皮脂腺がまったくありません。

本来なら、正常の手の皮膚は、ややしっとりしているはずなのです。

しかし手を頻繁に洗ったり、水を頻繁に使用したり、
紙などを多く触ったりすると手の皮脂がとれてなくなってしまいます。
洗剤・シヤンプー・油が良く落ちる薬用せっけんなどを使えば、
なおさら皮脂がなくなるわけです。

つまり、手は生まれつき脂が不足しやすい部位なのです。

洗剤やシャンプ−は強い刺激の物は避けるようにする。
水仕事をなるべく減らし、時間を短縮するようにする。
洗いすぎに気をつける。
保湿剤をこまめに使用する。
など…
これらを実践するだけで随分と症状が変わるはずです。

また、原因となるものを遮断することが一番です。


手は毎日の生活の中で最も外界の異物に接触する場所です。
中でも洗剤・シヤンプー・紙類・布類が接触原因と考えられています
木綿の手袋などで保護するのもよい対策でしょう。

皮膚疾患のない方でも、手の脂が取れるような状況のあとには
ハンドクリームなどで保湿して手のスキンケアを
することが大切なんです。

手湿疹は、季節を問わず発症しますが、最も悪化しやすいのは
やはり冬季です。
やはり、乾燥と寒さで皮膚の皮脂と水分が、不足するためです。

posted by こうじ at 01:34| 手湿疹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

性器ヘルペス−症状


性器ヘルペスについて…


性器ヘルペスは、ウイルスの感染でおこる性感染症です。
性器や尻周辺に水ぶくれができる病気です。


ヘルペスウイルスの種類には、

「単純ヘルペス」「帯状ヘルペス」がありますが、
性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス2型の感染が
原因で症状があらわれます。

単純ヘルペスウイルスには1型と2型の2種類があり、主に下半身に
症状が出るものを、(2型)
口唇や顔面など上半身に症状が出るものを(1型)としています。

ヘルペスは再発を繰り返す特徴があり、最初の感染後に
免疫ができても、体力の低下や体調不良などのきっかけがあれば
また再発してしまいます。
女性の場合、月経前に再発する事例が多いです。

妊娠中にこの 病気に感染すると、出産時に産道で感染する
恐れがあります。

また、性器ヘルペスは男性よりも女性に多く、全体では女性が
男性の約2倍以上と報告されています。

性器ヘルペスは、性行為により感染する感染症です。
接触感染で、飛沫感染はしません。

ヘルペスウイルスがついているタオルなど、
共同で使用するものから感染する危険がありますが、
風呂などはほとんどないといわれています。

また、口唇ヘルペスを発症している方が、ヘルペスを手で触り
性器に感染する場合なども考えられます。

口唇ヘルペスを発症している場合は、性行為はしないように
して、する場合でも絶対にヘルペスには触らないように
注意してください。

オ−ラルセックスは厳禁です。
感染率100%と考えてよいでしょう。

また、感染する場合ヘルペスの症状がでていなくて、
本人が気がついていないときがあります。
相手の方に症状が発症して、初めてわかるなど
自覚がないときがありますので注意が必要です。


初感染の場合、3日〜10日の潜伏期間をおいて症状を発症します。
38℃以上の発熱や倦怠感が起こり、患部に痛みとかゆみを感じます。

次に米粒大の水ぶくれができ、その後つぶれて潰瘍ができます。

女性は外陰部や膣、膀胱や子宮にまで及び、
痛くて排尿が困難になります。
また、髄膜炎をおこす危険性があり、頭痛を起こし、
尿が出なくなります。

この症状は3週間ほど続きます。

男性は亀頭包皮、陰茎部などにできます。
水ぶくれができ、すぐに破れ、 じくじくした潰瘍へと変化します。
下着が擦れるだけで痛み、排尿も痛くて辛くなります。
中には、外陰部が腫れ、激痛から歩けなくなったり、足の付け根の
リンパ節が腫れることも あります。この症状は3週間ほど続きます。

症状は、性器に赤いブツブツができ、水ぶくれや、潰瘍の
症状があらわれます。
初めての感染では、痛みや、発熱がありますが、再発の場合は
水ぶくれや、潰瘍ができるだけで、あまり重い症状はでません。

まれに、再発の場合に症状がひどくなるときもあります。
再発する前兆としては、局部にむずむず感や、ひりひり感、痛みなど
感じるようになります。

外陰部や膣、亀頭などに潰瘍や痛みの症状が現れた場合は、
すぐ専門医(婦人科)を受診して、診察してもらってください。
posted by こうじ at 22:13| 性器ヘルペス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

口唇ヘルペス−治療

口唇ヘルペスの治療は


早ければ早いほどよく、症状の初期の段階、
つまりヘルペスウイルスが最も増えているときに
治療を開始するのが一番効果的です。

また、治療が早ければ、回復も早いので、口唇ヘルペス
疑われる場合は、すぐに専門医の診察を受けましょう。

治療には抗ウイルス薬による薬物療法を行います。

抗ウイルス薬には「外用薬」「内服薬」「点滴」の3種類があります。

抗ウイルス薬はウイルスの遺伝子に作用してウイルスが増殖する
のを抑止するもので、ウイルスを殺菌するわけではありません。
また、潜伏しているウイルスにも効果がありません。

症状が出た、初期に治療をするのが効果的であるのは
このような理由によるものです。

症状の程度などによって次のように使い分けます。

●外用薬(軟膏、クリ−ム)

軽症で再発が頻繁ではない口唇ヘルペスに処方します。
症状がそれ以上広がらないようにする効果があります。

●内服薬(錠剤、顆粒)

皮膚の症状だけでなく、ウイルスの遺伝子に作用してウイルスの
増殖を抑える効果がある。

●点滴

初めての感染で重症化している場合や、免疫不全の疾患がある場合、
アトピー性皮膚炎の人でカポジ水痘様発疹症を合併した場合などは
入院して点滴治療を行います。

治療に外用薬のみを用いる場合もありますが、基本的には
内服薬を併用します。
口唇ヘルペスは神経細胞内にもウイルスが増殖しているため、
遺伝子レベルで作用して、ウイルスを抑止します。

外用薬で皮膚や粘膜の症状だけを抑えることに加え、更に内服薬で
神経節のウイルスの増殖を抑えます。

再発を防ぐには、精神的、肉体的に抵抗力のある健康で
丈夫な体を作ることが大切です。食事に気をつけて、睡眠を十分とり、
ストレスなどを
溜めないように注意して生活してください。

また、症状が出てきたら他の人に感染しますので
気をつけなければいけません。

抗体を持っていない人、アトピ−がある方、風邪やなんらかの
病気で免疫の機能ば低下している人、これらの方は、感染して
発症すると症状が重くなりますので接触しないよう注意が必要です。

目に感染すると「角膜ヘルペス」を発症します。

これは、ヘルペスウイルスを触った手で、目などをこすり
その際に感染しますが、角膜ヘルペスを発症すると
失明の危険があるため十分に注意してください。


口唇ヘルペスは抗体があっても、何らかのきっかけで再発
する病気です。一生涯付き合うことになりますが、抗ウイルス薬での
口唇ヘルペス治療と日常生活の見直しによって、再発を予防することが可能です。

風邪などと同じように考えれば少しは気が楽になるかもしれませんね。
難しいかもしれませんが…

posted by こうじ at 20:49| 口唇ヘルペス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。